二宮市のスレート屋根塗装

2020/06/30 ブログ
二宮市 屋根塗装

チラシをご覧になりお問い合わせ頂いた二宮市のS様より、スレート屋根塗装のご依頼をいただきました。

スレート屋根とは、板状または波板状に薄く加工されて作られた屋根材で、築7年前後から塗装の劣化が見られるようになります。

スレート屋根の劣化を放置しておくと雨漏りやシロアリの原因になり、屋根の葺き替えや重ね葺きといった大きな工事が必要になってしまう可能性があります。もちろんスレート屋根自体にも15年~25年ほどの寿命が存在しますが、屋根としての機能が果たせなくなる前に定期的な塗り替えを行い屋根材を守っていく事が、将来的な修繕費用を下げる結果にもつながります!