相模原市の屋根漆喰補修

2020/07/03 ブログ
相模原市 屋根漆喰

相模原市のS様より、屋根の漆喰補修のご依頼をいただきました。

屋根の漆喰は様々な箇所に使用されていますが、今回は鬼首面土という部分の漆喰補修を行いました。

鬼首というのは鬼瓦の付け根部分のことで、面土とは棟の下にある半円部分のことをいいます。

S様邸の漆喰部分にはひび割れや欠けが見られ、中には漆喰が剥がれ隙間ができてしまっている部分もありました。

そこで、既設の古い漆喰を取り、清掃して新しい漆喰材を施工させていただきました。

 

漆喰の劣化が進むと、雨水が侵入して雨漏りしたり、近年よくある超大型台風やゲリラ豪雨・夏の気温上昇などにより瓦が落ちたりと、様々なトラブルが発生します。

そうならないためにも、10年に1度程度の点検をおススメいたします。