相模原市南区の屋根の補修工事

2020/10/09 ブログ
相模原市 屋根補修

雨漏りが気になっていた波型スレート瓦屋根のお宅にお住まいのS様。ご友人からの紹介で弊社にお問い合わせいただき、屋根補修工事を行いました。

 

一般的に瓦屋根の雨漏りの原因と言えば、瓦が割れたりズレたりしてその部分から雨水が建物の中に入り込んでしまった、と考える方が多いと思いますが、他にも様々な原因があります。

S様邸の場合、瓦に何の問題もありませんでしたが、棟部分の漆喰が剥がれ落ち穴が開いていました。そこで棟カバーを外してみたところ、貫板部分の劣化や腐食が見られたうえ、なんと鳥の巣まで見つかりました。漆喰が剥がれたことで雨水が侵入し、水分に弱い貫板が劣化し雨漏りの原因となりました。

そこで新たな貫板を取り付け、漆喰補修を行いました。

 

長く続く秋雨。お自宅の屋根は大丈夫ですか?貫板部分は実際にカバーを外して確認しなければ、症状を確認することはできません。築10年以上、もしくは点検を10年以上行っていない方は、点検をお勧めいたします!