東京都武蔵村山市の屋根重ね葺き

2020/11/27 ブログ
武蔵村山市

東京都武蔵村山市のS様より、屋根重ね葺き工事のご依頼をいただきました。

S様邸の屋根はセメントを薄い板に加工したスレート屋根で、細かいひび割れや反り、塗膜の劣化などの症状が見られました。

屋根の塗装により、屋根表面のスレート材を再コーティングして寿命を延ばすことはできますが、築15~20年以上経っていた場合、屋根表面の寿命を延ばしても、その内側で雨漏りを食い止めている防水シートの耐用年数は伸びないので、屋根全体の寿命は変わりません。

S様邸は、築年数は経ってましたが屋根の下の建材の劣化が進んでいなかったので、重ね葺き工事を行いました。

 

重ね葺きは、葺き替えに比べ「工期が短い・防音性や遮熱性が高くなる・費用を抑えられる」などのメリットがありますが、「屋根の重量が増す・使える素材が限られる・既存の屋根材によっては出来ない」などのデメリットがあります。

川畑工務店では、現状をしっかり調査してお客様の建物に適したメンテナンスをご提案いたします!