茅ケ崎市 床リフォーム

2021/11/04 ブログ
茅ケ崎市 床増張り

チラシをご覧になった茅ケ崎市のT様より、洗面脱衣所の床リフォームのご依頼をいただきました。

床全体に汚れやカビが見られ、洗濯機置き場の下は特に多くカビが発生していたので、床のリフォームを行いました。

 

床のリフォームには、既存の床板の上に新しい床材を重ねて張る「増張り」と、既存の材をすべて撤去してから新しい材を張る「張り替え」の2種類の方法があります。

今回は表面の汚れやカビだけで劣化がひどくなかったため、「増張り」を行いました。

増張りは、既存のフローリングをはがす必要がないためゴミが出ず、解体費や処分費がない分リフォーム費用をおさえることができます。また工事時間を短くする事ができるので人気がありますが、増張りは現状の劣化が軽度の場合に限ります。

費用や工事期間を優先して増張りをした場合、下地の劣化が進行して次回のリフォーム時に余計な費用がかかってしまうこともあるので、ご注意ください。

川畑工務店では既存の床の状態をしっかり調査した上で、リフォーム方法をご提案させていただきます!